DERIVATIVE Japanese

Japanese/English

Management of Article

未来の社会では、全ての「モノ」がネットワークにつながります。

そこで重要なのは、一つ一つの「モノ」を識別することです。

個人実在認証である「Revirtual」は、「モノ」の識別においても革新的な仕組みを提供します。

偽物を防止

トレーサビリティー

所有者の特定、落とし物対策

個人実在認証は、モノの管理を一新する

Revirtualの処理は、「対象者情報と存在した場所と時間情報を組み合わせた情報」を利用します。

「モノ」識別ID

人の存在は唯一無二のため、新たに作成された情報は、世界に一つしかない情報単位です。

そこで、この情報単位を「モノの識別ID」として利用することを提案します。

正規品認定

私たちは「モノ」が移動する時、「モノの識別ID」を、関係者に結び付けて更新することを提案します。

  • 正規品、偽物の判定
  • トレーサビリティー
  • 「モノ」の履歴管理

に有効です。

 

所有者の特定

私たちは「モノの識別ID」に、「モノ」の状況を表すコードを付与することを提案します。

  • 所有者の特定
  • 盗難の判定
  • 紛失状態の判定

に有効です。